プロペシアは世界初の内服タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として登場しました。また、プロペシアは医師の処方が認められた治療薬で、多くの病院で処方されています。そんなプロペシアには同じ効果があり、安いのが特徴のジェネリック医薬品が存在しています。

髪を気にする男性

プロペシアはAGA治療で使われている薬で、男性ホルモンに作用して抜け毛の原因を取り除くというものです。
プロペシアそのものに発毛効果はありませんが、抜け毛の原因を取り除くことで薄毛の進行を止め、また適切にケアすることによって薄毛の状態を改善することができます。

一方でプロペシアを使う場合には自由診療であり費用は全額自己負担になります。
プロペシアは継続して使用することが求められる薬ですから、薄毛治療には継続した出費が必要になります。
このためそれらの費用を抑えるための方法としてジェネリック医薬品という選択肢があります。
ジェネリック医薬品といっても含まれる成分は一緒で効果も副作用も同じですが、後発薬であるため価格が安いというメリットがあります。

先発医薬品とジェネリック医薬品の違いとは

ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれます。
そもそも薬には先行して発売される先行医薬品とその後、その先行医薬品に使われている成分の特許が切れたあとに、その成分を使って販売されるジェネリック医薬品の2種類があります。
プロペシアは先行医薬品になりますが、その新しい薬を開発するために膨大な開発費や臨床試験、また各国で流通させるための認可を受ける手続きなどを行っており、これらを回収するために価格は高くなります。
このため一定期間は特許として保護されているのですが、特許は期限付きでその特許が切れることで、その成分を使った薬を製造販売することが可能になります。

ジェネリック医薬品では開発費、臨床試験などの費用が大幅に抑えられるため価格も先行医薬品と比較して低くなります。
近年は医療費の抑制から日本でもジェネリック医薬品の使用を勧めるようになっています。
なお、ジェネリック医薬品といってもその特許制度や期間は国によって異なりインドなどのように特許制度そのものがまったく異なるところでは、日本でのジェネリック医薬品が認められていない場合でも、ジェネリック医薬品が製造販売されています。

費用の安さ

先発医薬品とジェネリック医薬品の違いとしては、費用の安さで成分そのものはほぼ同じものが使われています。
ただし、注意すべきはすべてが同じもの、つまり完全なコピーではないということに留意する必要があります。
基本的にジェネリック医薬品は先行医薬品の特許切れによって先行医薬品を研究して販売されるものです。

薬そのものは構造が公開されているので製造そのものは簡単に行えますが、あくまでも先行医薬品を研究して開発するためまったく同じものとは言えません。
特に添加物などで特許が有効な成分がある場合には、別の成分を使うことになります。
また有効成分の含有量にも違いがあります。
このため厳密な効果効能や用法用量、また副作用は微妙に異なってきます。

ただし、異なるのはあくまでも僅かなものでそのほとんどは先発医薬品と変わりないもので、使用すれば先発医薬品と同じ効果を得ることができます。
その上で費用も抑えられるため継続的なAGA治療を行うさいには有利な薬といえます。

ジェネリックは種類が多い

ジェネリック医薬品の問題点としては複数の薬が存在することです。
先発医薬品であれば開発元が許可した製薬会社で製造され、多くは1社が独占的に販売していますが、ジェネリック医薬品はさまざまな製薬会社が参入してきます。
商品名で区別することも可能ですが、商品名も有効成分名で販売しているところもあり、そのようなジェネリック医薬品では製薬会社を見る必要があります。

例えばプロペシアでは有効成分にフィナステリドが使われていますが、ジェネリック医薬品の中にはフィナステリド錠として販売されています。
そしてパッケージも似たようなものであるため製薬会社をしっかりと見る必要があります。
国内の製薬会社が製造するジェネリック医薬品であれば品質に問題ありませんが、海外で製造されているものでは品質に問題がある可能性があり注意が必要です。
国内の製薬会社のジェネリック医薬品では先行薬と比較して最大で2分の1程度に抑えることができます。

しかし、それでも高額な薬ですので負担は大きいものになります。
一方で海外の製薬会社が製造するものは最大で10分の1以下で購入することができます。
このようなことから、海外からジェネリック医薬品を個人輸入するという人も多くいますが、海外で生産される薬は品質面で問題がありますし、また個人輸入はあくまでも現地の病院や薬局で売られている薬を代理で購入してくれるだけなので偽物が混ざっているリスクもあります。
このため、ジェネリック医薬品といっても安全に服用したい場合には国内の信頼できるAGAクリニックで処方されたものを使うのがもっとも安心です。

多く使われているプロペシアジェネリックについて

AGA治療ではプロペシアに含まれる成分フィナステリドがもっとも効果があるためAGAクリニックでAGAと診断されれば、まずは処方される薬となっています。
このためプロペシアは需要の高い薬といえますが、一方でAGA治療は自由診療ですから全額自己負担で購入することになります。
このため治療は高額になりがちで、ジェネリックが使われています。

国内製のプロペシアジェネリック

プロペシアそのものはアメリカのメルク社が開発したもので、60ヶ国以上で承認されています。
服用方法は1日1回の内服だけで良いため薄毛に悩む男性に広く使われています。
日本のプロペシアは、MSD株式会社(旧万有製薬)が製造販売しています。
MSD株式会社は「プロペシア錠」という商品名で販売し「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」を販売しています。
形状としては円形で薄い赤色をしています。

一方で日本国内ではまだ特許の切れていないプロペシアですが、2016年にメルク社が許可を出してジェネリック医薬品の製造を認めておりファイザー、サワイ、トーワからフィナステリド錠1mgとして販売されています。
MSD株式会社のプロペシア錠が28錠で8000円前後するのに対してジェネリック医薬品のフィナステリド錠は同じく28錠で4000円前後と半分程度です。
ただし、これらの価格はクリニックによって大きく変わってきます。
理由としては自由診療であるためでクリニックによって診察料などが掛かるためです。

海外製のプロペシアジェネリック

プロペシアのジェネリック医薬品を選択するさいには海外で製造されるものがあります。
日本は後発医薬品は全体の2割程度しか流通していませんが、海外では6割程度流通しているため製造販売数からしてもさまざまなものが開発製造販売されています。
そのプロペシアのジェネリック医薬品の代表的な存在といえるのがフィンペシアです。

フィンペシアはフィナステリドを含んだ薬で用途としては前立腺肥大症とAGA治療に使われる薬です。
製造しているのはインドの大手製薬会社シプラ社です。
シプラ社は1935年に設立され多くの剤形製造技術を持っており、これまでも抗生物質、抗がん剤、HIV治療薬を製造し、1500種類以上150ヶ国で販売しています。
これら数多くの薬を製造販売している中で、そのひとつがフィンペシアになります。
なお、フィンペシアはプロペシアの特許が切れる前から製造販売されていますが、その理由としてはインドの特許制度の違いによるためです。
いずれにしもシプラ社の対象としては先行医薬品を購入することができない新興国向けが中心であり価格も極めて安価に抑えられているのが特徴です。
このため個人輸入で手に入れても極めて安価に使用することができます。

日本国内では1錠あたり250円程度の費用が掛かりますが、フィンペシアであれば1錠あたり25円程度です。
特に継続的に服用しなければいけないAGA治療薬においてはこの価格の差は大きな魅力です。
ただ日本国内では認可されていない薬ですから正規販売はされていません。
このためフィンペシアの購入は個人輸入に頼ることになりますが、個人輸入には危険も多くあります。

日本国内では稀ですが、海外では偽薬が流通ルートに乗ることが多くこのため個人輸入では偽物を買わされる場合があります。
これは個人輸入も現地の薬局などを通じて代理で購入しているだけなので中身が本物であるかわからないためです。
一部の業者では成分調査をしているところもありますが、それでもリスクとして存在することは留意しなければなりません。

以前はプロペシアは高額な薬であり個人輸入で海外から購入する人も多かったですが、現在の日本国内でのAGA治療では治療費を抑えるために日本の製薬会社が製造するジェネリック医薬品であるフィナステリド錠が多く使われるようになっています。

AGAの症状とは?

そもそもAGAの症状は特徴的な経過を経て進行します。
AGAはAndrogenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」とも呼ばれます。
男性型とあるように男性に見られる薄毛や脱毛症のことではやい人であれば思春期を過ぎた二十歳の頃から発症します。
さらに約3割の人が発症すると言われます。
もっとも、男性の場合には老齢期に入ると頭髪が薄くなるもので、この場合には老齢性脱毛症と呼ばれます。

これまで脱毛症は遺伝すると言われてきましたが、その明確な原因としてわかってきたのが男性ホルモンの影響です。
男性ホルモンとして代表的なものがテストステロンです。
テストステロンそのものは男性らしい身体を作る上で重要な役割を果たしており、テストステロンの多さが薄毛や脱毛の原因ではありません。
このテストステロンが、5α還元酵素と呼ばれる酵素により変換されて生まれるジヒドロテストステロンが薄毛、脱毛に影響していることがわかってきています。
またこのジヒドロテストステロンはAGAの症状のほかにもニキビや前立腺肥大症の原因にもなっています。

ジヒドロテストステロンが増えるためには元となるテストステロンが必要ですから、この結果男性によく見られる症状がAGAになります。
いずれにしてもAGAの場合には高濃度のジヒドロテストステロンが頭皮にあることが研究でわかっており、毛の生え変わりの周期を乱して薄毛、脱毛につながると考えられています。
このジヒドロテストステロンの濃度を下げることで毛の生え変わりの周期を正常化すると考えられます。

AGAの症状としては、脱毛パターンで知ることができ、額の生え際の後退、頭頂部からの薄毛、脱毛などです。
日本人で多いケースは頭頂部から薄毛、脱毛が始まるというもので治療しないまま進行させるといずれ前頭部へと繋がって側頭部と後頭部だけ髪の毛が残る状態になります。
いわゆるバーコードハゲとも呼ばれるものがわかりやすいAGA症状の例といえます。

またAGAの特徴として側頭部と後頭部だけ毛が残ることで、この理由としては部位によってジヒドロテストステロンが蓄積しやすい場所と蓄積しにくい場所があるためです。
このため前頭部の生え際の後退や頭頂部の薄毛が目立つようになってきた場合にはAGAを発症しはじめたと考えることができます。
一度発症すると何ら対策をしなければ進行し続け最終的には前頭部と頭頂部の髪の毛を失うことになります。
対策としては育毛でも効果が出る場合がありますが、根本的には対処療法ですから薄毛の進行を止めるまでに至らないケースもあります。
いずれにしても男性ホルモンが関与しているAGAに対して有効な方法としてはプロペシアをはじめとする5α還元酵素阻害薬しかないのが現状です。

AGA治療薬であるプロペシアに含まれるフィナステリドは5α還元酵素阻害薬と呼ばれます。
5α還元酵素の働きを阻害することでジヒドロテストステロンの生成を抑えることができ薄毛、脱毛になる原因を取り除くことができます。
このさいにフィナステリドの働きはあくまでもジヒドロテストステロンの生成を抑制することであり、発毛効果はありません。
しかし薄毛、脱毛の原因がジヒドロテストステロンによるものであれば、ジヒドロテストステロンの頭皮における濃度が低下することで毛の生え変わり周期を正常化することができ、結果として発毛することになります。

ただ一方で重度に進行したAGAの場合にはすぐに改善することは難しいといえます。
このためまずはフィナステリドでジヒドロテストステロンの濃度を下げて、毛が育ちやすい環境を整えることが重要になります。
治療ではプロペシアやフィンペシアなどフィナステリドの服用だけでなく育毛も行うことがはやく発毛させる上では大切です。
このため、より専門的なAGAクリニックではプロペシアなどの処方のほか育毛に必要な栄養補助食品なども同時に処方されることもあります。

記事一覧

発毛剤の「リアップ」シリーズに配合されている有効成分としてすっかり有名になった「ミノキシジル」ですが...

男性ホルモン (DHT)はAGA(男性型脱毛症)を発症する原因の一つとされています。 さらには男性ホ...

エフペシアはインドのシプラ社が製造販売している、プロペシアのジェネリック医薬品です。 先発医薬品のプ...

プロペシアは有効成分「フィナステリド」を含有したAGA治療薬です。 日本皮膚科学会が定めた「男性型脱...

人気記事一覧