プロペシアは世界初の内服タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として登場しました。また、プロペシアは医師の処方が認められた治療薬で、多くの病院で処方されています。そんなプロペシアには同じ効果があり、安いのが特徴のジェネリック医薬品が存在しています。

  • ホーム
  • 女性の薄毛はどのようにして改善する?

女性の薄毛はどのようにして改善する?

薄毛と聞くと高齢の男性が発症するイメージがあるかと思いますが、近年は様々な原因によって女性でも薄毛を発症してしまうケースが増えてきています。
そんな女性の薄毛ですが、どのようにして改善をしていけば良いのか詳しく見ていきましょう。

そもそも、男性が発症する薄毛の原因の多くは男性ホルモンの過剰分泌ですが、女性の場合にはそれ以外の原因によるものが多いです。
その為、男性の薄毛治療では改善しないケースが多いですが、では何をすれば良いのかと言うと、まずは食生活の見直しになります。

何故、食生活の見直しが必要なのかと言うと髪の毛の成長には様々な栄養素が必要で、その栄養素が足りていないと髪の毛が正常に成長しない恐れがあるからです。
中でもヨウ素やビタミンAが重要で、他にも女性ホルモンの分泌を増やす栄養素が効果的です。

例えばヨウ素は女性の体の基礎代謝を高めてくれて、細胞や髪の毛を健康に保つ効果があります。
さらには殺菌作用もあるので、頭皮の炎症や抜け毛を予防する効果が期待できます。
次にビタミンAですが、こちらも炎症や細菌などによる頭皮のトラブルから守る働きがありますので、頭皮の健康を保つ為には欠かすことのできない成分です。
また女性ホルモンの分泌を増やす成分ですが、これには大豆に含まれるイソフラボンが効果的です。
では、何故女性ホルモンが大切なのかと言うと、髪の毛の成長には女性ホルモンの働きが重要で、それは女性はもちろんですが男性でも同様なので、女性ホルモンの分泌を増やす成分は摂取した方が良いでしょう。

ただし、どんなに髪の毛の成長に必要な栄養素の摂取ができていたとしても、それらの栄養素が頭皮に届かなければ意味がありません。
ですので、頭皮の血行を促進する為に運動も併用して行う必要があります。
適度な運動を行うことで血行促進がされて、食事から摂取した栄養素が頭皮に届けられるようになります。
また数多くの薄毛の治療薬も開発されていますが、女性の効果が高いとされているのがミノキシジルで、このミノキシジルは男性に向けて治療薬として開発されたものですが、近年は女性にも治療として用いられることが増えてきました。

女性が使ってはいけない薄毛治療薬について

薄毛の治療薬としてはフィナステリドやミノキシジルが有名ですが、先ほどもお伝えをした通りミノキシジルは女性の薄毛に対しても有効で、多くの病院などでも使用されている治療薬です。
しかし、同じく効果が高いとされているフィナステリドは女性が使用してはならない治療薬になります。
そもそもフィナステリドは男性型脱毛症、いわゆるAGAと呼ばれる薄毛の治療薬として開発されたものなので、女性の薄毛の原因にはアプローチすることができず、確かな効果が実証されていません。

しかし、確かな効果はないとしても何故飲むことが禁止されているのでしょうか。
その理由としては男性胎児の生殖器官などの正常な発育に悪影響を及ぼす恐れがあるからです。
先ほどもお伝えをした通り、フィナステリドは男性型脱毛症の治療薬として開発されたものなので、その効果は男性ホルモンの一種であるDHTを抑制します。
そんな男性ホルモンの生成を抑制する興亜kを持つ治療薬ですので、母親が服用をしてしまうとその作用によって男性胎児の生殖器が上手く生成されずに発育に悪影響を及ぼす恐れがあります。

では、女性はフィナステリドを飲むことさえしなければ安全なのかと言うと、実はそうではありません。
フィナステリドの有効成分は皮膚からでも吸収されることが分かっていますので、妊娠中の女性や授乳中の女性が薬に触るだけでも体内に成分が吸収されて、先ほどお伝えした影響が現れる恐れがあります。

特にフィナステリドを男性が使用する際に粉砕して使用する場合がありますが、その近くに女性がいると、その粉砕した時に出る薬の粉が肌に触れてしまうだけでも良くありません。
飲まないようにすることはもちろんですが、旦那さんや彼氏などが使用する場合にも女性は注意が必要です。