プロペシアは世界初の内服タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として登場しました。また、プロペシアは医師の処方が認められた治療薬で、多くの病院で処方されています。そんなプロペシアには同じ効果があり、安いのが特徴のジェネリック医薬品が存在しています。

  • ホーム
  • 悪い生活習慣がAGAを引き起こすこともある

悪い生活習慣がAGAを引き起こすこともある

AGAは遺伝の影響が大きいとされていますが、その他にも乱れた食生活や生活習慣がAGAの原因となっている場合もあります。
乱れた悪い生活習慣はAGAの発症を早めたり、症状の加速化を助長する原因となっている可能性があります。

悪い生活習慣として挙げられることとしては、睡眠不足やストレス、栄養バランスの悪い食生活、喫煙・飲酒等が挙げられます。
乱れた生活習慣は自律神経の乱れや頭皮のコリ、血行不良を招くため、髪の毛の抜け毛につながっている可能性があるのです。

最近は、勤務形態が多様化しており、夜間働き、日中に眠るという生活をおくっている人も少なくありません。
夜型の生活は、睡眠不足になりやすいことや不規則な生活によるストレスからついつい食べすぎてしまうということもあります。
カロリーの高い食事を続けていると、太ってしまい、血液の濃度が高くなってしまい、血行が悪くなる可能性があります。
また、身体に脂肪がつくと、皮脂の過剰分泌の原因となる可能性もあります。

AGAの原因として、頭皮環境の悪化がありますが、皮脂の過剰分泌も頭皮環境を悪化させることにつながるため、抜け毛が増える原因となります。
また、喫煙習慣があるという場合には、全身の血行が悪くなりますので、育毛・発毛に必要な栄養を十分に届けることが出来ない状態となることが考えられます。
酒は百薬の長とも言われているように、適度な量であれば、健康を害するという事はありませんが、お酒を飲むと、ツマミに味の濃い物を食べることが多い傾向にありますので、太りやすくなってしまう可能性があります。
また、過度の飲酒は健康を害する可能性がありますので、注意が必要でしょう。

生活習慣はすぐに変えることが出来るものではありません。
無理やり変えようとすると、ストレスにつながる可能性があります。
生活習慣を変える時には、短期間で変えようとはせずに、無理のない範囲で徐々に変えていくようにしましょう。

AGAを予防する正しい生活習慣とは?

AGAを予防するための正しい生活習慣としては、改善しやすいところから改善するということが一つのポイントとなります。
例えば、飲酒や喫煙習慣があるという場合には、その量や頻度を徐々に減らしていくようにしましょう。
禁煙をするのは簡単なことではありませんので、必要に応じて医療機関を受診するようにしましょう。

そして、睡眠不足の解消と食生活の改善を意識するようにすることも大切です。
仕事の関係で夜間働いているという場合には、睡眠後2時間は質の良い睡眠をとることが出来るように心掛けるようにしましょう。

食生活では、栄養バランスを意識して食事を摂るようにしましょう。
スーパーやコンビニの惣菜、ファストフードは味付けが濃い傾向にあり、その味に慣れてしまうと徐々にそれだけでは物足りなくなってしまいます。
その為、出来れば自炊を行なうようにしましょう。
自炊が難しいという場合には、野菜を意識して摂取したり、薄味のものを選ぶようにすることをおすすめします。

寝る直前までスマートフォンやパソコン、テレビを見ているという場合には、熟睡をすることが出来ない可能性があります。
熟睡をするための行動をとるようにしましょう。
寝る直前まで食事をしていると、太りやすくなってしまいますので、寝る3時間ほど前までには食事を済ませておくことをおすすめします。

質の良い睡眠、バランスの良い食事を心掛けるということはAGAの予防だけではなく、健康にもつながりますので、薄毛や抜け毛が気になっていないという場合も行ってみましょう。
すぐに効果はなくても、続けていくことで、徐々に身体が変化することに気がつくことでしょう。
基本的なことから始めるようにしましょう。