プロペシアは世界初の内服タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として登場しました。また、プロペシアは医師の処方が認められた治療薬で、多くの病院で処方されています。そんなプロペシアには同じ効果があり、安いのが特徴のジェネリック医薬品が存在しています。

  • ホーム
  • 薄毛に悩む人の人口はどれくらいいる?

薄毛に悩む人の人口はどれくらいいる?

薄毛に悩んでいる方の中には、この問題に悩んでいるのは一部の人だけだと思っている方もいるかもしれません。
ほかの方は悩んでいないため、自分の悩みを共感してもらえる可能性は低いと考えている方もいます。
ですが薄毛の悩みといのは、特定の方に限られた問題ではありません。
実は総人口の薄毛に悩む方の割合を考えると、5人に1人もの方がこの問題に関する悩みを抱えています。

総人口の割合で5人に1人といってもこれは子供も含んだ数字です。
そのため20歳以上の方に絞って考えると、さらに多くの方が薄毛の悩みを抱えていることがうかがえます。
自分だけが悩んでいる問題と決めつけるのではなく、ほかにも悩んでいる方もいるのだと把握しておきましょう。

薄毛になってしまったら、そのままどんどん毛が薄くなっていくとは限りません。
何らかの対策をすることで、AGAであっても症状を改善させることも可能です。
ここでポイントになるのが、AGA対策の選択肢は1つではないということです。
複数の選択肢があげられるため、どのような選択肢があるのか把握し、自分に合った選択肢を調べましょう。

例えば薄毛に対する対処方法の1つとして、市販の育毛剤を購入する方法があげられます。
より高い効果を求めるのであれば、市販のものを購入するのではなくクリニックへ行くのも1つの手です。
最近ではAGA専門のクリニックも増えているため、そのようなクリニックに行くことで最適な治療が受けられます。

実際にクリニックなどへ行って薄毛対策をする場合のポイントになるのが、早めに対応することが大切という点です。
薄毛の症状が進行してしまった場合、クリニックへ行ったとしても症状を改善させるのは難しくなります。
しかし初期症状の場合、問題ないと思ってすぐには対策を立てない方も多くいます。
症状を悪化させずにより良い状態にするためにも、早めにクリニックへ行くなどの対応をするようにしましょう。

薄毛の初期症状とはどのようなものがある?

薄毛は早めに対処することが大切といっても、初期症状を見逃してしまう方が多いのも事実です。
その理由の1つが、初期の段階では自覚するのが難しいという点です。
特に年代別に考えてみると、20代の方の場合は初期症状が出ても薄毛だと思わないこともあります。
年代別で若い方の場合、自分が薄毛になるとすら思っていない方も多いのです。

薄毛の初期症状を見逃さずに自覚するためにも、些細な変化にも気をつけることが大切です。
例えば鏡を見て、髪の毛のボリュームが少ないと感じることもあるでしょう。
このとき気のせいと思ってしまうのではなく、なぜボリュームが少ないと感じたのか考えてみることも必要です。
例えば以前の写真と比較してみることで、本当に髪の毛のボリュームが少なくなったのか考えることにつながります。
違和感はそのままにせずに、比較して確かめるようにしましょう。

またボリュームが少ないと思うほかにも、排水溝に髪の毛が詰まりやすくなったと感じたときも初期症状かもしれません。
可能ならば、お風呂の排水溝にどのくらいの髪の毛がたまったか数えてみるのも1つの手です。
実際に抜け毛の本数を把握することで、正常範囲の抜け毛なのか判断することが可能です。

髪の毛のボリュームの変化などの初期症状を見逃すと、頭皮がはっきりと見えてくるというサインで薄毛を自覚する方が多くいます。
頭皮が見えるようになると、薄毛だと自分が自覚するだけではなく家族や周りの方からも薄毛と認識されるようになります。
周りの方から指摘されて恥ずかしい思いをせずにすむようにするためにも、自分の変化は自分で気づけるようにすることも大切です。
気づいたら早めに対策を考えるようにしましょう。