プロペシアは世界初の内服タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として登場しました。また、プロペシアは医師の処方が認められた治療薬で、多くの病院で処方されています。そんなプロペシアには同じ効果があり、安いのが特徴のジェネリック医薬品が存在しています。

  • ホーム
  • 薄毛の治療は早い段階で行いましょう

薄毛の治療は早い段階で行いましょう

薄毛は遺伝や体質だから仕方がないと、多くの人が思い込んでいます。
確かに、遺伝的な要因もあるのですが、早期の治療により改善することが分かっています。

薄毛になってしまう理由はいくつかありますが、男性ホルモンによる抜け毛を促進する因子が大きな原因になっています。
人間の髪の毛は、生え始めてから成長し、やがて抜け落ちるというサイクルを繰り返していますが、この因子は成長途中の毛を脱毛させてしまうので、髪の毛全体のボリュームが減って薄毛になるというわけです。
薄毛の進行状態を知るのに、ハミルトン・ノーウッド分類が使われています。
ハミルトン・ノーウッド分類は9つのステージによって薄毛が進行していくことをあらわしていますが、早期に治療すればするほど、効果があることが分かっています。

頭皮には毛母細胞と呼ばれる、髪の毛を作り出す細胞があります。
毛母細胞は、生涯のうちで40~50回ほどしか分裂することができません。
早い段階で発見し、治療をすることで、毛母細胞の残りの回数があるうちに対策をすることができます。
その分効果も感じることができますし、細胞が代謝をするので、自分の体に合っているのかという反応を見ることもできます。

薄毛を恥ずかしいと感じる人は多いですが、決して恥ずかしいことではありません。
男性ホルモンなどの影響によって薄毛になるという理由が分かっているからです。
薄毛のためのわざわざ病院に行くのに抵抗を感じるという人もいますが、早く行けば行くほど、治療効果は高めることができます。

自分が薄毛に耐えきれなくなるまで我慢するという人もいますが、早期に治療を開始した場合と比較すると、明らかに効果は落ちてきて、反応が鈍くなってしまいます。
年齢を重ねれば重ねるほど、代謝は落ちていきますし、進行した薄毛というのは、すぐに改善できるものではありません。
治療を始めればすぐに髪の毛が元通りになるわけではないので、注意しましょう。

AGAを放置すると治療方法の選択肢が狭まります

薄毛の進行は、自分が思っている以上に早く進みます。
おまけに、風邪は放置していても自然に治りますが、薄毛というのは放置しても自然に治ることはなく、どんどん進行していきます。

薄毛の治療にはいくつかありますが、薬を使うものが一般的です。
ハミルトン・ノーウッド分類により、生え際から進行するM字型と頭頂部から進行するO字型に分けることができますが、放置することで両者とも薄毛は進行していき、頭頂部と前頭部の薄毛がつながることも珍しくありません。

M字型でもO型でも、初期であれば治療をすることで改善することができます。
初めて治療をする場合、薬を飲めばすぐに髪の毛が生えてくるという期待を持っている人が多いです。
けれども、髪の毛には生え変わりのサイクルがあります。
薬を飲んでもすぐに髪の毛が増えるということはありません。
最低でも3ヶ月は継続して服用しなければ、髪の毛の状態が改善できたと実感することはできません。

さらに、放置していると症状が悪化しているだけでなく、毛母細胞の数も減っています。
いくら治療をしても、細胞の数が少ないと代謝も上手くいかず、髪の毛が生えてくることは難しくなります。
薄毛の治療では、抜け毛を防ぐ治療と、髪の毛を生やす治療の2種類を行うことで、全体のボリュームを改善していきます。

けれども、進行した薄毛では、毛母細胞が少なくなっているので、髪の毛を生やす治療ができなくなってしまうこともあります。
放置することで、治療方法の選択肢が狭くなり、結果として治療効果もそれほど期待できなくなってしまいます。
自分の薄毛に気付いたら、できるだけ早く病院へ行き、治療を開始することが非常に大切になります。